パートナー事業について

パートナー事業では、ネットワングループの充実した事業基盤を活用し、パートナー企業がお客様に先進的かつ安心な製品・ソリューションをご提供するための包括的な後方支援を行っています。
ネットワンパートナーズの強みは、取り扱う多数の海外製品の中から、パートナー企業が安心して販売できる商材やサービス、技術サポートを提供している点です。パートナー企業との協業ビジネスに特化したネットワンパートナーズが、ソリューション共同開発、設計提案、販売支援・導入から保守・運用サービス、トレーニングや技術支援までを幅広く支援することで、パートナー企業の競争力を高め、お客様ニーズに応える優れたソリューションを実現します。

2020年度の実績

パートナー企業各社が新型コロナウイルス感染症の影響を受けた結果、一部案件の延期もあり、受注高は低調となりました。売上高は昨年度に受注した大型案件が寄与しました。
その結果、受注高は338億65百万円(前年同期比24.7%減)、売上高は397億30百万円(前年同期比2.6%増)、受注残高は82億99百万円(前年同期比41.4%減)となりました。営業利益は売上構成の変化を背景に、35億7百万円(前年同期比13.4%増)、営業利益率は8.8%(前年同期比0.8pt増)となりました。

2021年度の見通し

新型コロナウイルス感染症によるパートナー企業への影響が和らぐと想定し、 協業ビジネス、MSPビジネスへの支援を拡大することで、主に受注高での増加を計画しております。
受注高は390億円(前年同期比15.2%増)、売上高は400億円(前年同期比0.7%増)、受注残高は72億99百万円(前年同期比12.0%減)の見通しとなっています。

中長期的な展望

ネットワンパートナーズは、変化し続ける市場のDXニーズに応えるべくパートナー企業に提供するDXの要素・価値を「DX Core」と位置づけ、提供価値の拡大を図るとともに、先端ITディストリビューターとしての地位の確立を目指します。
「DX Core」では、DXの実現に必要な要素と価値を①デジタルワークプレイス、②モバイル&ワイヤレス、③新世代・次世代ネットワーク、④クラウドインフラ&マネジメント、⑤デジタルセキュリティの5つのカテゴリに分けてパートナー企業と市場を共創できる商材を提供しています。
特にデジタルセキュリティにおいては、今後仮想空間と現実空間が相互作用するスマート社会の到来に備えた安全性の向上を見据え、サイバーセキュリティとフィジカルセキュリティの両面でサイバー攻撃の急増に対応します。具体的にはサイバーセキュリティでは、引き続きネットワークセキュリティの強化による差別化を進めるとともに、ゼロトラストへの対応を実現する新商材、新技術をいち早く展開していきます。
また、モバイル&ワイヤレスや新世代・次世代ネットワークでは、製造工場を中心にローカル5Gなど先進技術で多数の機器を接続し、データを活用したさらなる業務の効率化や生産性の向上が期待されています。