考え方と推進体制

人財育成・多様な人財の活躍推進に関する基本的な考え方

自社業務を通して自らが実践して得られた成功や失敗の経験をリファレンス化し、お客様へのソリューションに活用している当社では、社員の知見や経験のすべてが付加価値創出につながっています。
そのため、自律的に行動しソリューションを生み出せる人財の育成に取り組むとともに、それらの基盤となる行動指針やコンプライアンスを社員一人ひとりが理解し、浸透することが重要であると考えています。
 
また、多様性の融合によるシナジー効果とイノベーションの創出を目的として、ダイバーシティを推進しています。性別、年齢、国籍、障がいの有無、さらには職務経験や価値観など、あらゆる違いを超えて、社員一人ひとりが自身の考えを積極的に発信し、生き生きと働ける職場環境を整備することで、さまざまな“個”の力を引き出し、風通しの良い企業風土の醸成と生産性向上による持続的な成長を目指します。

推進体制

人財の育成と多様な人財の活躍を推進するため、経営陣の強力なコミットメントのもと、さまざまな全社横断組織と仕組みを運営・運用しています。

トップコミットメント

社員の成長(自創力)を成長戦略に位置づけ、経営陣の強力なコミットメントのもと、人事施策を推進しています。

人事部

ネットワングループ全体の成長を支える経営基盤を中長期にわたって確立・維持するための人財マネジメント全般を担っています。

ヒューマンリソースカウンシル(HRC)

経営委員会の諮問委員会として、会社の組織や人事、人財開発の制度や施策に関する重要な事項を検討し、経営委員会へ答申しています。なお、HRCは、取締役が管掌し、副本部長が委員長を務め、副本部長・部長等で構成されています。

ダイバーシティ推進委員会(DSC)

経営委員会の諮問委員会として、ダイバーシティ推進の制度や施策に関する重要な事項を検討し、経営委員会へ答申しています。なお、DSCは、取締役が管掌し、部長が委員長を務め、部長・副部長を含む管理職クラスのメンバーで構成されています。