健康・安全衛生のための主な施策

過重労働の防止

法令遵守、社員の健康確保、生産性の向上等を目的とした「ワークライフバランス目標」を設定し、快適で健康的な職場環境の確立を図っています。

関連する指標

  • 所定外労働時間数(月平均):目標25時間以内、2020年度実績:25.9時間
    ※  2017年度から2019年度まで、30時間以内の目標に対し29.6時間(2017年度実績)、28.3時間(2018年度)、24.0時間(2019年度)と3年連続で目標を達成していたため、2020年度より目標値を25時間以内に引き上げて取り組んでいます。
  • 有給休暇消化率:目標80%以上、2020年度実績55%
    ※  有給休暇消化率の目標達成に向け、計画年休制度活用のさらなる推進と、時間単位での有給休暇制度の導入に向けた検討を実施しています。

メンタルヘルスへの配慮

メンタルヘルス不調の未然防止や職場環境の改善を目的に、ストレスチェックを実施しています。受検率は89.7%(2017年度)、92.2%(2018年度)、96.2%(2019年度)、95.6%(2020年度)と毎年向上しています。また、各部署の役職者に、組織別の傾向と分析結果を開示することで、対応に活用しています。職場のストレス度は全国平均と比較し低く、良好な水準となっています。

関連する指標

  • 職場のストレス度(2020年度):84(全国平均を100とした場合)

新型コロナウイルス感染症への対応

ネットワングループでは、社員ならびに協力会社社員、お客様及び取引先会社の社員の皆様の感染予防、加えて当社ビジネスにおける社会的責務を継続して果たしていくために、テレワークを主としたオフィスワークとのハイブリッド勤務や、社内及び社外ともビデオ会議を推奨しています。

関連する指標

  • 出社率:25%(2020年度平均)

障がい者採用

さまざまな“個”の力を引き出し、誰もが生き生きと働ける職場環境が実現できるよう、障がいに配慮した、積極的な採用を行っています。

関連する指標

  • 障がい者雇用率:2.3%(2021年4月1日時点)

外部評価

ワークライフバランスの促進活動に対して厚生労働省より「くるみんマーク」を取得(2013年認定)しており、女性活躍推進の活動に対しては「えるぼし認定(2段階)」を受けています。

関連する指標

  • 女性管理職比率:7.7%(2021年4月1日時点)