基本的な考え方

当社は経営ビジョンとして、「すべてのステークホルダーから信頼され支持される企業(アドマイヤード・カンパニー)になること」を掲げ、お客様、パートナー、株主、社員に対する責任と、ICT市場、市民社会、地球環境に対する貢献を「7つのミッション」と定めています。当社が持続的に成長していくためには、さまざまなステークホルダーの相互信頼が不可欠です。各ステークホルダーとの対話を通じて、あるべき関係性の構築に取り組んでいます。

 

 ▼7つのミッション~グループが果たすべき使命~
https://www.netone.co.jp/company/mission.html

 

各ステークホルダーとの対話・関係構築の取り組み

お客様に対する責任

バックオフィスのメンバーも含めて構成される顧客満足度向上委員会を設置し、顧客満足度調査やお客様との意見交換などに取り組んでいます。
 
また、全社員が顧客満足度向上について考えるCS向上Dayの策定や営業活動事例共有会などを実施し、社員の意識向上も推進しています。

 

▼2018年度のお客様満足度向上活動
https://www.netone.co.jp/company/cs/cs2018report.html

パートナーに対する責任

パートナーと認識を共有し、ともに社会から信頼される企業として共存共栄を図っていくため、ネットワングループの行動規範やCSR方針などパートナーの皆様にもご理解・実践していただきたい事項をまとめた『取引先CSRガイドライン』を策定しました。また、工事案件のパートナーを対象に、安全衛生勉強会なども実施しています。

 

▼取引先CSRガイドライン
https://www.netone.co.jp/company/responsibilitytopartnercompanies.html

 

 

株主に対する責任

継続した成長と中長期的な企業価値の向上のためには、株主の皆様との対話が不可欠です。ネットワンでは対話方針を制定し、建設的な対話を促進しています。
 
2018年度は、会長および社長が国内で6回、海外で19回、広報・IR部門が全211回の投資家ミーティングを行いました。

社員に対する責任

社員に公平な機会を与え、成長を促す教育制度の整備、健康に配慮した安全で快適な職場環境の提供に取り組んでいます。また、RCT*を奨励し、互いへの尊敬、円滑なコミュニケーション、そして強力なチームワークの醸成を常に促進しています。
 
社員相談窓口「ココカラ」は、コンプライアンス相談窓口からメンタルヘルス、キャリアカウンセリングまで幅広い機能を持っており、労働環境の改善や社員のモチベーション向上に寄与しています。

 

*RCT(Respect,Communication,Teamwork):会社と社員が良好な関係を保ち、職場環境の改善や労働条件の向上を目指して互いに意思疎通を図ること

 

▼取り組み事例
サステナビリティの重要課題の「重要課題1 【社会】人財の育成」をご覧ください。