ガバナンス体制

 

 

取締役会

 

経営ビジョンや経営方針、中期事業計画、その他経営・業務執行に関する重要事項を決定するとともに、経営全般について監督を行う。

監査役会

 

独立した客観的な立場から、取締役の職務執行の監査、会計監査人の選解任や監査報酬に係る権限の行使等を行う。

諮問委員会

 

経営の透明性・公正性を高め、コーポレートガバナンスを強化するため、取締役および執行役員の選任、解任および報酬等に関する事項を審議する。

投融資委員会

 

取締役会による投融資に係る事項の適切かつ効率的な意思決定体制を構築するため、投融資に係る事項を審議、決定する。

経営委員会

 

経営活動の効率化を図るため、会社経営上、基本的または重要な事項につき、適切かつ迅速に審議、決定する。

リスク・コンプライアンス委員会

 

コンプライアンス強化と企業価値の持続的な向上を図るため、グループのリスク管理およびコンプライアンス活動に係る重要事項を審議、答申する。