内部統制強化協議会の概要

2021年3月に外部調査委員会より不正取引の原因分析及び再発防止策の提言を受けて、4月にガバナンスとリスク管理を促進する3ラインモデルを意識した内部統制システム全般の強化を目的とした会議体の活動をスタートさせました(内部統制強化協議会に関するお知らせ(2021年4月30日))。
当社の3ラインモデルでは、独自に第1.5ラインを設置。個別最適化の問題が発生していた管理部門と事業部門の間で積極的かつ充実したコミュニケーションを確保するために、業務統制本部を新たに設置して規律とともに実効性の高い業務ルールの構築を図っています。

推進体制

代表取締役社長を統括責任者、執行役員経営企画本部長を統括推進役とし、8つの再発防止策について、管理部門の執行役員本部長及び社長直轄組織の室長から、その責任者を任命しています。各責任者の下には、具体策の推進を担う部室長を推進リーダーとして配置し、全社横断的な組織で再発防止策を推進しています。