基本的な考え方

ネットワンは、ネットワークの黎明期よりICT業界に携わり、最新技術をいち早く取り入れ、さまざまなネットワークを「つなぐ」ことで専門性と独自性を磨きながら、当社自身も変革してきました。
当社は現在、「netone DX」と「統合サービス事業」の加速の両面から、デジタル時代におけるサービス提供型のビジネスモデルへの変革を目指しています。netone DXに取り組むことで「社内プロセスのデジタル化」を加速させ、自動化・数値化による生産性改善を実現してまいります。同時に、統合サービス事業を推進することで「お客様のデジタル化」の加速をご支援し、お客様との関係性の再構築を進めています。当社のあらゆる知財を相互に連携させることで価値相互波及を生み出し、お客様がICT利活用を通じて創出する価値(アウトカム)の創造に貢献してまいります。

取り組み1:netone DXの加速

ライフサイクルサービスをお客様に提供していく上で必要なデータや業務プロセスのデジタル化、データの共有化に向けてコーポレート基盤の連携強化に注力しています。また、DXを推進する上では、業務プロセスのデジタル化だけでなく、組織や人事制度の見直しなどを含む行動の変革も必要です。当社では、2020年3月に「Employee Service Center」の運用を開始した後、2020年度は“withコロナ”を見据え「withコロナのワークスタイルとnetone DXの加速」と題し、時間・場所にとらわれず「質」が向上する働き方の検討等を進めました。

主な取り組み

主な内容

2020年3月

  • 「Employee Service Center」運用開始
  • 人事サービスの仕組み化。就労証明や社会保険関係の証明書の発行などの6つのサービスの提供とともに、各作業工数及び傾向の分析が可能に

2020年度上期

  • 新型コロナ対策の整備
  • 「Employee Service Center」の問い合わせ機能の拡張
  • 新型コロナ対策本部FAQ⽤問い合わせチャットボットの試験運用開始
  • コロナ禍での「出社申請」の運用整備
  • 「体調報告」の運用整備
  • リリース済みサービスの機能改修

2020年10月

  • テレワーク主体の働き方にマッチした人事制度へ転換
  • 原則テレワーク勤務に伴い、出社時の事前申請に運用を変更
  • 通勤手当から交通費の実費精算に変更
  • 在宅勤務を支援するワークライフバランス手当の新設
  • ジョブ・ディスクリプションに基づく成果をベースにした勤務と、みなし勤務制度の導入により、テレワークにマッチした勤怠管理へと転換
  • 勤務地変更制度を整備(2021年4月~)

2020年下期以降

  • オフィス構想、業務空間の検討
  • オフィスフロアの削減(2021年5月~)
  • ICT利活用によるファシリティ利用度向上に向けた環境構築